咲き編みアーティスト chiko

クレンジングから始まるスキンケア

こんにちは!整え美容家のkaoriです。

すっかり秋も深まりました。季節の変わり目ってなんだか気持ちもお肌も揺らぎますね。ふだんより時間をかけてケアしていきましょう。

肌ダメージを見直す秋

今年はマスク荒れに夏の日照り、かなり肌に負担のかかった春夏です。秋も深まり、これから本格的に乾燥が進んでいきます。スキンケアを今一度見直してよりよいケアをしていきたいところですね。

化粧水や美容液など“プラス”の作業もとても大切ですが、クレンジング・洗顔により“リセット”することの重要さを感じています。

汚れが完全に落ちていなければ、どんなに“プラス”の作業を頑張っていても栄養がいきわたらなかったりと、せっかくの努力も実にならないのです。

毛穴に残った汚れは、いずれ酸化して毛穴のくろずみやニキビ・吹き出物の原因となります。毛穴が重くなって、たるみの原因にもなります。

こわいですね!
これからの乾燥シーズンにたっぷり保湿をするためにも、まずはしっかりとしたクレンジングが必須です。

クレンジングの主な種類

クレンジングといっても、なにが自分にあっているんだろう?たくさん種類があるので悩みますよね。主な種類を洗浄力の高い順に紹介しますね。

薬局などで取り扱いが多いのはこの5種類かと思います。

  • クレンジングオイル
  • クレンジングバーム
  • クレンジングジェル
  • クレンジングミルク
  • コールドクリーム

クレンジングオイル

もっとも洗浄力が高いのがオイルクレンジング。
カバー力の高いファンデーションやしっかりメイクも短時間でするっと落ちます。ただし肌への負担も大きいので、保湿のこともしっかり考えてくれている商品を選ぶのがポイントです。

わたしのおすすめは、ファンケルの『マイルドオイルクレンジング』です!使って納得のロングセラー商品です。

クレンジングバーム

オイルクレンジングの一部でもありますが、最近一気に種類が増えました。バームタイプは、ヘアにつかうシアバターのような固形オイルの形状です。

最近はオーガニックなタイプが大人気で色々なブランドで出ています、お気に入りの香りやテクスチャーを探すのも楽しそうですね。パッケージもかわいくて衝動買いしてしまいそうです!

クレンジングジェル

肌への伸びがよくて、摩擦を抑えられるジェルタイプは、「水性ジェル」「オイルイン水性ジェル」「油性ジェル」とバリエーションもさまざまです。

イグニスの『クレンジングペースト』が香りもよく、肌つきもよくてとってもおすすめ!ホットジェルペーストがお気に入りだったけれど、廃盤になってしまいました。

chiko

クレンジングミルク

肌にやさしいけれど、洗浄力が高くないので比較的メイクがナチュラルな方に限定しておすすめです。メイク汚れが残らないよう、時間をかけて丁寧に洗い上げてくださいね。

コールドクリーム

古くから舞台役者さんが愛用するコールドクリーム。ポンズやちふれが有名で、じつは洗浄力が抜群です。

メイクと馴染むまでに時間がかかりますが、その時間がマッサージとスキンケアの時間になります。重たいクリームが軽くなったらメイクと馴染んだサイン。余計な油分をうしなうことなく、メイクをするっと落としてくれるので熱くおすすめいたします!

わたしが愛用しているのはシーボンの『フェイシャリストホワイト トリートメントマセ』。これ以上ない!と8年目に突入した溺愛アイテムです。

chiko

ポイントメイクリムーバーのすゝめ

クレンジングの如何にかかわらず、メイク好きさんには全力でポイントメイクアップリムーバーの使用をおすすめいたします。ウォータープルーフマスカラをお使いの方は、さらにマスカラリムーバーをおすすめいたします。
リムーバーはたっぷりの量を使い、するっと落とすようにしましょうね。まぶたの摩擦は避けましょう!

洗浄力が高いと、お肌への負担も高まります。落としたいところのケアはピンポイントにすることをおすすめします!

クレンジングを見直すなら今がチャンス

季節の変わり目を機に、“クレンジング”と向き合ってみてはいかかでしょうか。

クレンジングですっきりメイクを落として、洗顔で角質のケアしてキメを整える。この基本ができてはじめて、スキンケアを十分に吸収する準備が整います。汚れが完全にとれていないお肌にいくら良い化粧水をたたき込んでも浸透していきません。

化粧品の効果を最大限に引き出すには、クレンジングと洗顔がとっっても重要です。

毎週水曜日の定期インスタライブではただいまスキンケア月間中です!よりわかりやすく参考になると思いますのでぜひご参加くださいね^^