咲き編みアーティスト chiko

ベースメイクはRMKコレクション

わたしのRMKコレクション

コレクションするともりはなかったのだけれど、コレクションしてしまっていたRMK。
もはやベースメイクはオールRMK

優秀リクイドファンデーションがとっても有名。
わたしもスタートは、リクイドファンデでした。ぬってるのにぬってないみたい。ならばぬらなくてもいいのではないか、とも思うけれど、やっぱり肌がワンランク上の仕上がりに。

吉岡徳仁さんの、シャープなデザインも素敵ポイント!だったのだけど・・変わってしまいましたね。ブランドはじまって以来の大リニューアルだったのに・・!新しい容器は残念すぎてもはや語れませぬ・・
BAさんとは毎回この残念な容器について語り合いますが。
あまりに不評だったらしく簡易容器のミニチュアサイズが販売されています。まだ昔のガラス容器をお持ちの方はぜひ捨てないで。断然そちらが使いやすいので、詰め替えて使うのがおすすめです!

専属アーティストのレッスンが最高

青山の本店では、RMK専属のアーティストさんのメイクレッスンもうけられます。シーズンごとのコレクション販売時には、全国百貨店でも予約受付をしていますね。けっこう時間をかけていろいろ教えてもらえるので、とっても勉強になる!!
「専属」とは言っても、通り一遍のことをいうわけではなくてそれぞれアーティストさんのカラーがあるんです。いつも青山にいらっしゃる藤村さんはスーパーナチュラル。わたしは金子達也さんがとってもお気に入りで日程をわざわざあわせるくらい。

わたしはファンデを買い換えるときには毎回メイクレッスンをお願いしています。やっぱりRMKはメイクラインも春夏がダントツかわいいので、その時期にあわせて行ったりもしますね。

さてさて。ではコレクションを紹介していきます。

RMK 『コンセントレイティッド アイジェル』

アイクリームのようにもたつかず、すっきりなじみます。ヒヤっときゅっと目元をひきしめて、日中の潤いを守ってくれます。
その昔、IKKOさんが、「アイケアは気になる前にやるのよッ」と熱弁されているのを聞いて以来、アイケアは欠かさずはさんでいます。
アイジェルは、アイクリームより軽いのでアラサー女子やアイケア初心者には特におすすめ!

今は仕様が変わってボトルタイプになってしまったので、ちょっと面倒になってしまいました。わたしのアイケアセレクトポイントのひとつに、「チューブであること」があります。

RMK 『UVフェイスプロテクター50』

SPFが高いのにぜんぜん日焼け止めくさくなく、あぶらっぽさもない。どんなお天気のときも必ず使います!人気すぎて購入が難しいアイテムのひとつです。RMK メイクアップベースSPFが高いのにぜんぜん日焼け止めくさくなく、あぶらっぽさもない。どんなお天気のときも必ず使います!

人気すぎて購入が難しくなってしまったアイテムのひとつです。

RMK 『メイクアップベース』

基礎化粧品のお手入れをしっかり入れ込んだ後、ベースも同じように肌になじませて細かいところまで丁寧にぬりこむと、汗をかいてもテカリにくい。

アーティストさんに教えてもらって以来、しっかり実行してます!

それでも汗をかく真夏は、『クリーミィポリッシュトベース』を部分的にプラス。ふしぎ触感で、塗った瞬間から肌表面がさらさらになるのでTゾーンにはおすすめですよ。

RMK『コントロールカラー』

ほんのすこーし使うだけで、「発光する肌」っぽくなります。ほほの部分使いでも十分ですが、顔全体にうすーくのばしてもOK。

RMK 『スーパーベーシック リクイドコンシーラー N』

コンシーラーでお肌を作る技も、アーティストさんに教えてもらいました。本当はパクトタイプを使って、ハケで作っていくといいんです。
「くま」だけでなく、まゆの下から頬骨の「C」のラインに使うと立体的に!

これは裏ワザで、ほんとに変わる。

今はペンシルタイプのものを使用しています。2色あると、けっこう使えます。

RMK 『リクイドファンデーション』

言わずと知れたリキッドファンデ!これ以上ないくらいの素肌感がおきにいり。もはや何本目かわかりません~
ファンデブラシが販売されてからは、ブラシで塗っています。

とはいえ、BBクリームで済ませる日も増え、ファンデーションを使う機会自体がかなり減ってきましたね。

RMK 『スティックファンデーション』

出張用ポーチには常備。液だれ、粉われの心配もなく、コンパクトでとっても便利。お顔に直接ぐりっと線をひいて、指ですっとなじませます。

汗かきシーズンは、リクイドをお休みしてスティックにしたりもしますね。

RMK 『グロースティック』

超優秀ハイライト。「ツヤ玉」がほしいところになじませます。
スティックだから直付けもできますが、指にくるくるとって、指からポンポンするとファンデーションがよれることなく、より自然なツヤがうまれます。

RMK 『トランスルーセントフェイスパウダー』

どれだけ一生懸命探しても、これにかわるフェイスパウダーを探すことができません!せっかく作った素肌を「ツクリモノ」にせず、素肌のまま仕上げてくれます。

BA荒らしのように、各メーカー渡り歩き、フェイスパウダーをいろいろと試させていただきましたが、こんなに自然なツヤ肌でありながら、しっかりパウダーの力を発揮してリキッドファンデを定着させてくれるパウダーはありませんでした。

だから、ファンデーションを使わないでBBクリームで済ませる日も、毎日このルースパウダーは使っています。

激アツRMK愛

こう並べてみると、信者っぷりが大変な騒ぎです。

大好きです。

10年たっても変わらず好きですね。
改めてRMKについて語る機会を作ろうと思います。