咲き編みアーティスト chiko

髪が変わる新シャンプー習慣

美髪のための習慣

きれいな髪を保つためには日常的なケアが必須ですね。わたしが心がけていることはこちらの3点です。

1. ブラッシング
2. 頭皮を洗う
3. 頭皮を乾かす

ブラッシング

毎日のブラッシングが頭皮マッサージになってしまう!習慣にできるお勧めケアはこちらでご紹介しています。

頭皮を洗う

シャンプー前にもブラッシング

まずは入浴前、一日過ごした髪をブラッシングします。これは心がけていてもなかなか面倒なステップです。ブラシも洗面台も汚れます・・

AVEDA(アヴェダ)の店員さんからはこちらのスカルプブラシをおすすめされました。絡まった髪もブラッシングをしやすく、じゃぶじゃぶ洗えるブラシが出ています。まずアイテムをゲットしてやる気を出すのもありかもしれません!

湯シャン

シャンプー前のもう1ステップ。それが湯シャンです!

髪を流すだけではだめ、しっかりお湯でシャンプーするのです。目安としてシャワーで60秒、洗面器10~15回、しっかり髪をかきわけて頭皮を流します。

この工程でしっかり毛穴が開き、汚れが落ちやすくなるんですね。わかっていたようでわかっていなかったようなポイントです。

今日からしっかり数えてみてください。この工程をプラスするだけで、髪がしっかり変わります。

シャンプー

しっかり頭皮をクレンジングします。ヘッドスパ専門店に2年くらい通い、頭皮クレンジングの大切さを知りました。

はじめは比較的油分の出にくい襟足から洗ってしっかり泡立てるのがポイントです。湯シャンで水分もしっかりですし、汚れも浮き出ているので泡立ちがよいはず!

わたしはnapla(ナプラ)のノンシリコンシャンプーを使っています。シャンプーなのに、しっかり泡立ててクレンジングしたあとに泡で髪を包んで3分おきます。ヘッドスパ専門店のお高ーいシャンプーと同じ使用なのでこちらを選びました!

トリートメント

トリートメントは毛先を中心にコーティングするようにつけます。頭皮はカバーしない方がよいですね!

コームを使うと、より髪に浸透させることができます。このコームがお気に入りで、シャンプー前のブラッシング(にはならないのですが)もこのコームで済ませてしまっています。

しっかり流す!

髪をしっかりかき分けて、頭皮からしっかり流します。湯シャンと同じ要領ですね。

しっかり乾かす

濡れたままにしておくと、頭皮が蒸れます。髪がきしみます。そして乾燥します!

しっかりタオルドライして、しっかり乾かしましょう。髪の乾かし方はどうぞこちらをご参考くださいませ!

美髪もらくじゃない

これだけ工程を並べると、はぁっとため息がもれそうです。大変です。

でも髪を洗う時に、ちょっと心がけることならできそうですよね。ちょっとずつ取り入れてみてください。ケアしてあげればあげただけ、髪が変わってくるはずです!

「やってみた!」「わたしの場合どうすれば・・?」などお気軽にLINEで話しかけてくださいね。